でしログ

あれこれブログ。現在香港にて子育て中。

【海外出産・無痛分娩】香港での出産レポート

 

2019(令和元年)年10月に香港にて男児を出産しました!

不安な海外での出産でしたが、無事終えることができたので、レポートします。

なお、香港では一般的な硬膜外麻酔による無痛分娩にて出産しました。

 

 出産予定日当日

日中は陣痛の予兆は全くなし。

予定日に陣痛が来なければ、その日の夜に入院して促進剤を使う、と事前に医師から言われていたため、入院の準備を進める。

 

18:00頃

陣痛のような鈍い痛みをほんの少し感じる。

 

20:00頃

入院先の病院へ出発。

鈍い痛みはそのままあった。

おそらく微弱陣痛だったのであろう。

 

20:15

病院到着。入院の手続きを済ませる。

 

20:30

お腹になにやら貼られて、入院前の検査を受ける。

看護師さんによる簡単な問診。

 

20:45

病室に入る。

荷物の整理。

 

22:00

担当医が様子を見に来る。

促進剤をいれる。促進剤は注射や飲み薬なのかと思っていたら、タブレットをそのまま膣に挿入するタイプだった。

担当医からは、出産は明日の夜頃だろう、ご主人も一旦帰って大丈夫だよ、二人とも今日はゆっくり寝てねと言われる。

先生も帰宅。

 

私は鈍い痛みはあったものの、余裕があった。

 

23:00

夫帰宅。

 

23:30

促進剤の効果てきめん。

みるみるうちに陣痛の痛みが強くなり、測ってみれば5分間隔。

5分間隔で痛みがひくものと想像していたが、痛みが治まらない。

あれ?辛くないかこれ、寝れないぞ、とテンパる。

 

01:00

痛い。

でも担当医は明日の夜出産だと言ってたよなあ。

1日耐えられそうもないな。。。。

決心をして看護師さんを呼び、おそるおそる

「どのくらいの痛みで麻酔してもらえるのでしょうか」と聞く。

すると看護師さんは「あ、痛い?麻酔したいのね、オッケー」という感じで

子宮口の開き具合を確認してくれる。

4cmだった。

 

01:10

麻酔打ちましょうか、ということで、分娩台まで徒歩で移動する。

もう分娩台に向かうのか、出産は明日の夜って話は何だったのか。。。

 

分娩台まで徒歩で移動出来たものの、分娩台に上がる際に痛み到来。

小鹿レベルで足がガクガク震え、分娩台にのぼるまでに時間を要した。


01:15

麻酔科の先生待ち。

足の震えが激しく、寒気がする。

あったかい毛布を掛けてもらい、なんとかしのぐ。

(部屋は快適な温度で全く寒くないはずであった)

 

01:20

麻酔科の先生到着。

「危ないから麻酔するときは動かないでね」と言われるが、陣痛の痛みが来て動いてしまい、怒られる。

麻酔後、5分ほどでだんだん痛みが和らいできた。

定期的にお腹に圧がかかるような感じがして、陣痛が来ていることがわかるが、

痛みのみ無くなっている不思議な感覚。

陣痛は4分間隔で、しばらく分娩台の上で過ごす。

うとうとするが、眠れるほどではない状態。

陣痛は、子どもが頭をずんずん押し下げてくる感覚がして、出産が近いことを感じていた。

だがまだ担当医の「明日の夜だろう」という言葉が頭の隅にあった。

これで1日体力がもつのかと不安になる。

 

03:00

分娩台で放置されていたが、麻酔が切れたのか、痛みがまた強くなってくる。

ナースコールをして、麻酔を追加してもらう。

子宮口確認すると、7cmとのこと。

看護師さんが、もう出産だという。

明日の夜という話は、、、、

 

担当医を呼び、夫を呼ぶ

 

03:45

担当医、夫到着。

陣痛は2分間隔で、常にお腹からの圧があった。

いきんでしまわないように耐える。

 

03:50

担当医によって破水させる。

生あたたかい水が出てくる感覚があった。

羊水のあたたかさを知る。

 

03:55

顔が無性に熱く、夫にうちわであおいでもらっていた。

陣痛の波に合わせて力を入れるように言われるが、

麻酔が利いていて感覚が鈍っているせいか、うまくタイミングを合わせられなかった。

また、どこにちからを入れていいのか、やはり感覚が鈍くつかめなかった。

 

04:20

こどもの頭が大きいため、担当医が膣を切った。

切った方があとから縫合しやすいらしい。

痛みはわからず。

また、こどもの心拍が下がっていたため、吸引をすると言われる。

引き続きいきんでみる。

 

 

04:35

吸引後、ぬるっという感覚とともに誕生。

赤ちゃんは羊水が口の中にあり、コポコポ音がしていた。

私は「溺れてる。。」と心配したが、

看護師さんに口の中の羊水を吸ってもらい、大きな産声を上げてくれた。

 

 

 

あっという間の出来事だった。

 

まとめ

・香港での私立病院での出産は英語が出来なくても何とかなります。

・無痛分娩最高。痛くないって大事。

でも、痛みの感覚が鈍くなるのでいきむのは難しかった。

・出産は、担当医でも予測できないものなのだな。

明日の夜って言われたのを信じてたので、いつまでも引きずっています。