でしログ

あれこれブログ。現在香港にて駐在妻やってます。

基礎化粧の必需品、『コットン』おすすめ3選

最近肌の老化が顕著に気になりだした30代のわたくし。

 

コットンも気に入ったのを使いたいと思い、いくつか試してみました。

気に入った3つをレビューを兼ねてご紹介。

 

 

コスパ最強説。【無印良品 カットコットン】

 

 

無印良品のコットンは使っている方も多いはず。

なんといってもコスパ最強ですよね。

 

大きさもちょうどよく、浸透率も満足のコットン。

 

私はカットタイプを愛用しています。

 

 

弱点と言えば、この後に紹介するブランド物と比べると、肌触りがやや劣るかな。

 

でも庶民の強い味方であることには変わりありませんね。

 

 

使ってびっくり。【クリニーク コットン】

 

500円という値段なこともあり、

初めはなんとなく購入したクリニークのコットン。

 

 

さすがにクリニークだけあって、赤ちゃんの肌にも使える安全性が認められている

国家規格をクリアしているとのこと。

 

初めて使った時の衝撃は異常。

化粧水の浸透率が群を抜いている。

ほんの少し水分を含ませただけで、分厚いコットンにしっかり染み込む。

肌につけるとそれがジュワッと出てきて、たっぷり潤いを与えてくれる。

 

 

私はクリニークの拭き取り化粧水を長年愛用しているのだが、

さすがに専用コットンだけあって、相性抜群。

拭き取れる感が半端ない。

 

ちなみに、過去クリニーク関連記事はこれ

www.deshi-maru.com

 

大きさも、手に挟むにはちょうど良いサイズ。

 

 

弱点は海外で売っていないこと。

私が知る限り、海外旅行でクリニークのコットンを売っている店を見つけられていない。

日本製だから仕方ないのかも。 

 

 

値段だけの価値あり。【THREE オーガニック コットン】

 

100%オーガニックコットン。

さすがTHREEさん、すんごい肌触りがいい。

 

肌触りが最高なうえに、コットン自体はしっかりとした印象で、

全くもろくない。

コットンの両面に水圧をかけて、表面が毛羽立ちにくい処理をしているんだって。

使うとその違いが実感できます。

 

しっかり染み込み、しっかり肌に優しく触れる一品。

 

弱点(?)としては、

大き目サイズだということ。

6.5×8.5㎜で他と比較すると若干大きめ。

 

拭き取りや化粧水をつけるのに使用すると、しっかりしている分、

コットンに何もついてない、余りが大部分。

捨てるとき「ああ、もったいない~」と毎回思ってしまう。

 

パッティングで使用するには最高だと思うんだけどね。

 

 

 

まとめ

 

 

新星現るまで、しばらく私はクリニークかな。